九州への南下叶わず、デンマークまで北上することに・・・。日々の諸々について記録する公開メモ帳。
http://maik0612.blog54.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
546001_1247680370_66large[1]

8月はどんどん過ぎて行き、日本であればこれから「残暑厳しい折…」と言う時節だろうが、デンマークの外出は既に長袖着用がデフォルトとなり、これまで控え選手だったコートがほぼ毎日スタメン起用となっている。
つまりは寒い。


熱し易く冷め易い性格のため、例えば読書の波が来ると暇を見つけてはあれこれ本を読み漁るものの、引き潮になると本を手に取ることさえもぱったりと無くなる。
ブログを書くのもそうで、8月は1日に更新して以降、モノを書いて公開する情熱の泉は干乾びたまま、気軽な短い記事でも、という意欲さえ湧かず、すっかり放置してしまった。
時々覗いて下さる方がいるとすれば、申し訳ない限り。
そして、1ヶ月更新無しでとうとう広告を挿入されてしまい、悲しくなったので更新です。

先日、と言うには随分前のことで語弊があるが、デンマークに来て初めて歯医者に行った。
デンマークの医療は無料であるが、成人の歯科治療は自由診療であり、全額自費となる。
高いし怖い、ので、寝る前には通常の歯磨きの後に、日本から買って来た虫歯予防ジェルを使用、歯医者への道筋を遮断してきた。
昨年末に一度歯の詰め物が欠けたことがあったのだが(恐らくクリスマスのflæskstegが原因)、お正月の帰国を待ち、日本で治療することにして難を逃れた。

しかし、7月下旬のある日。
車の中でハリボーグミをむしゃむしゃ食べていたところ、上の歯の詰め物がポロリと取れてしまった。
当分帰国する予定も無く、詰め物が取れた影響で歯と歯の間に食べ物が詰まるのが不快で見て見ぬ振りをすることも出来ない。
渋々デンマークの歯医者初体験を覚悟することにしたのだった。

かかりつけ医はコムーネから指定されているのに対して、歯医者は自由に選ぶことが出来る。
とは言え、どこに行けば良いか分からない。
そこで近親者に口コミ調査。
Pは、数年前に自分が行った歯医者を「ぼったくり」と表現しているので、そこは候補から除外。
Pのパパママは各々違う歯医者に通っており、どちらも「その歯医者の治療には満足」と言うのだが、ママ行き付けの歯医者はロスキレでは無かったため、パパ行き付けを候補にすることとした。
この歯医者は、偶然にもお友達ご夫婦の行き付けでもあるらしく、「問題なし」とのコメントを頂いて、恐々していた気持ちも和らいだ。
そこで早速予約を取ろうと歯医者を訪ねたところ、歯科医が夏休み中とのこと。治療は、2週間後となった。

治療自体は、汚れ等を削り落とし、取れた詰め物を嵌め直し、他の歯の虫歯チェックをし、超音波で歯垢を除去・特殊ブラシで全体を歯磨きと、何ら問題なくスムーズに進んだ。
所要時間約1時間。その間、診察台の真上に取り付けられた絵画を眺めていた。
治療代は、事前に予想していた範囲の726Kr(約1万800円)。
日本で同等の治療を自由診療で受けた場合と比較すると、大体1.5倍の金額だろうか。
(私が保険無しで受けた歯科治療の費用を参考。セラミックで欠損補修:5千円、超音波による歯垢除去・歯磨き:3千円)

治療費の多寡はともかく、気になるのが、最後に歯科医が漏らした「そんなに小さくて細かい詰め物は初めて見たわ!」と言う感激の言葉である。
それはつまりデンでは、小さな虫歯でもごっそり周囲の歯も削り取って、大きな詰め物で対応しているということなのだろうか…。虫歯になったら、日本に帰る時まで耐え抜こう。


ついでに上述した「基本無料のデン医療」にも触れておく。
響きは良いが、タダである分、それなりの代償が付いてくる。

デンの医療に掛かる流れは、
①まず指定されたかかりつけ医(一般医)を受診
②症状改善が見受けられなければ、再度かかりつけ医に相談をし、専門の診療所を紹介してもらう
③それでも経過が思わしくなければ、より専門性の高い病院を紹介してもらう
④最終的には大学病院を紹介してもらう
である。

かかりつけ医制度自体は悪いものだと思っていないが、症状が特定されるものであっても日本のように始めから専門病院に掛かることができないため、時間を消費する。その間症状は悪化する、あるいは有耶無耶になる。
また風邪程度の症状だと、薬の処方はおろか受診すら寝て(自然治癒を)待てと拒否されると聞く。

私がアレルギー性皮膚炎と目のかゆみでかかりつけ医を受診した際は、飲み薬と塗り薬を処方してもらったのだが、その飲み薬の量、丸々一箱(不確かだが約200錠入)。しかも、それを飲むと吐き気に似た症状を催した。
再度かかりつけ医を訪ね、皮膚科の診療所を紹介してもらったところ、かかりつけ医で処方された飲み薬塗り薬ともに効果無しだから中断するようにと指示されたのであった。
そして、目のかゆみについては眼科診療所を紹介されたのだが、取れた予約は1ヶ月先である。そのため症状を説明しようとすると、「2、3ヶ月ほど前にかゆみが始まって、今はほとんど治まっているんですが…」と妙な具合に。

デン福祉の自慢ポイント「誰もが無料で受けられる医療」は素晴らしいことだと思っているし多少の恩恵も受けているが、質と時間も医療の重要要素だよと言いたい。


上の写真は、1ヶ月遅れで届いた姉からの誕生日プレゼント。カエルの立体型パズル。小学生の時に作った紙芝居の1枚に、カエルの解剖図を描いて挿し入れたことを思い出した。 
スポンサーサイト

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2011 それからこれから。, all rights reserved.

maik0612

Author:maik0612

未分類 (0)
デンマーク-衣 (0)
デンマーク-食 (5)
デンマーク-住 (32)
デンマーク-旅 (9)
デンマーク-学 (14)
デンマーク-祝・イベント (20)
デンマーク-妊娠・出産・育児 (6)
デンマーク-各種手続き (9)
デンマーク-その他 (11)
日本-旅・引越し・移動 (4)
日本-その他 (3)

このブログをリンクに追加するにほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
にほんブログ村

この人とブロともになる

Click for the latest Koebenhavn / Roskilde weather forecast.

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。