九州への南下叶わず、デンマークまで北上することに・・・。日々の諸々について記録する公開メモ帳。
http://maik0612.blog54.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
DSC_1033.jpg

バルセロナに旅行したのは、既に3週間も前のこと。

記憶が新しいうちに旅記録を書いておこうと思っていたのに、旅行から戻って来てデンマークの夏の寒さにやられて風邪を引いてしまった。

その後1週間程、療養と称して一日中ソファの上でゴロゴロ過ごしていたところ、それがすっかり習慣付いてしまい、色々と能動的に動くことが億劫になってしまった。
更には、夜明けの早い夏という季節のせいか、あるいは加齢に伴う症状か、最近早朝4、5時台、ヒドイ時には3時台に目が覚めて、その後すぐには寝付けないため、ソファに移動し7時になってようやく2度寝に落ちるという日が多々ある。

大袈裟だけれど、今もソファにごろんしたい欲求を抑えつつ、PCに向かっている。

 

more

ずっと行きたかったバルセロナ。

極普通だが、スペインの魚介料理食べたい、サグラダ・ファミリア見たい、ダリ劇場美術館行きたい、主にこの3点がバルセロナに焦がれていた理由。

社会人になってから一度スペイン旅行にトライしようとしたことがあったのだけれど、夏のハイシーズン、思い立つのが遅かったため飛行機が全く取れず、結局その年の夏休みは逆方角のメキシコに行き着いたのだった。

そして今回の旅行は、夏休み旅行でもあり、2年越しの新婚旅行でもある。しかし既にフレッシュさはなく、旅行中何か特別なことをする予定もなし。

また旅行数日前から体調があまり優れなかったため、スペイン料理を食べはしたものの、残念ながら感激するほどに美味しいとは感じられず、思い出に残っているのは旅の後半に食べた親しみある日本料理だという…何だか「食と世界遺産の街バルセロナ」に申し訳がない。

しかしながら、毎日日中一度はホテルに戻り1~2時間のシエスタを取ってエネルギー補給をしつつ、残り二つの目的と予定していた大方の観光スポットをゆるりと巡ることはできたので、旅行全体としては十分満足だ。

旅行期間中は幸い晴れ続きで、毎日30度前後のカラリと暑い日々だった。
私達がデンに戻ってきた直後から、仏南部・西北部に掛けて大雨が降り始めたようで、ニュースでスペインのとある町の増水した川の映像が流れていた。
そう言えば、5月にバルセロナを旅行したハンガリー人のクラスメイトも、ちょうど大雨に見舞われたそうで、「グエル公園観光中に母親のサンダルが流されちゃって、途中で長靴探す羽目になったのよー!」と言っていた。


今回の旅行の概要は以下の通り。何だかんだと長くなったので、バルセロナに興味がある方はどうぞ。

 

*6月13日(木)

   -夕方便でバルセロナに向けて出発。20時半頃、バルセロナの空港着。ちなみに飛行機の右側窓側席に座ると、着陸前にモンジュイックの丘等、バルセロナの街を一望できる。

   -空港バス: 切符販売機が設置されているが、クレジットカードのみの対応。現金で運転手から直接切符を買った方が断然早い。

   -タクシー: バルセロナの旅行ブログ等を読むとよく「公共交通機関利用はスリ被害に遭う可能性高し。タクシーが最も安全!」と書かれている。
    夕暮れ時到着、且つ土地勘も無しということで、カタルーニャ広場からホテルまではタクシーを利用。この時乗ったタクシーの運転手さんが、典型的ラテン系というか、それはもうよく喋ってくれて、但しRの部分で巻きまくるので、英語を話しているのに話の8割方はスペイン語に聞こえて理解不能。しかも所々両手をハンドルから離して身振り手振りを添えて話し出し、その上バックミラーで頻繁に目が合うという、安全なはずのタクシーがちょっとスリリングなものに。
   
   -ホテルは中心地からちょっとだけ離れた3つ☆のHotel Astoria: スペイン人のクラスメイトからはランブラス通り近くのホテルを勧められたが、この通り沿いは観光には便利だけれど終日騒音がヒドイらしいということで選択肢から外し、軽犯罪も比較的少ないと言われるグラシア通り北部で探した。
    室内は広すぎず狭すぎず、落ち着いた雰囲気。近くには複数のカフェ、スーパーマーケットがあり、なかなか便利。室内に時計(室内電話機にも目覚まし機能無し)と湯沸しポットが無いのが、不便と言えば不便だったが、全体的には特に問題はなかったと思う。ただ窓の外が隣の建物の壁で何の景色も見えない点と、隣の部屋(清掃室)の水道水の音がひどく聞こえてきた点は、マイナスだった。

 ホテルの屋上からは、右側にバルセロナ水道局が所有する独特なデザインの建物トーレ・アグバール、左側にサグラダ・ファミリアが手前の建物に阻まれながらもかろうじて見える。
 DSCF4062.jpg

 アパートのベランダに掛けられたカタルーニャ州旗。Figueresに向かう電車内からもよく見かけたこの旗、独立意識の高いカタルーニャの象徴である。そして左下に写っている黄色い円柱はポスト。スペインのポストは黄色い。
DSCF3885.jpg


 *6月14日(金)

   -サグラダ・ファミリア: 午前8時半頃に到着した際は、既に正面前には長蛇の列。但しチケットカウンターが複数あるため、それほど待つことなく教会内に入ることができ、またタワーエレベーターは時間が指定されているのでスムーズに利用できた。エレベーターは2箇所に分かれていて、私達が利用した方は上りは高さ60メートルくらいまでエレベーター、下りはひたすら螺旋階段。翌日まで左太もも、左ふくらはぎの疲労が続いた。

DSCF3859.jpg


   -日本食材店TOKYO-Ya: ここは、デンによくある"アジア食材店"ではなく、しっかりした"日本食材店"なので、Made in Japanなモノが種類豊富に沢山置いてある。Pは、Asahi Super Dryの500ml缶が2€は安い!と、嬉しそうに数本購入。

   -カタルーニャ広場のデパートEl Corte Ingles: デパ地下でパエリアの素、蛸やムール貝の缶詰、ウニのパテ缶等を購入。その後、最上階のカフェで一息。カタルーニャ広場を一望できる他、カモメがガラス近くまで接近してくるので、彼らの飛行を観察できる。ここで飲んだのは、HORCHATA(アーモンドのようなフルーツからできた豆乳色のジュース)。甘過ぎて飲み干せず。

   -夕食は、ホテルの受付のおじさんにおススメしてもらったレストランGran Parisでパエリヤを食べる。
 
 *6月15日(土)

   -サンジョセップ市場: 生ハム、ブルーチーズの載ったグラタン風パン、フルーツ盛り合せのカップを買って立ち食いで朝食。

 DSCF3888.jpg  DSCF3890.jpg

 魚屋さん。おばちゃんが豪快にマグロをさばいていた。パック売りされていた切り身の魚には「SASHIMI」の表示!
 DSCF3894.jpg DSCF3887.jpg 

 色鮮やかなフルーツが綺麗に並べられた果物屋さんとデコレーションが可愛い卵屋さん。
 DSCF3892.jpg DSCF3889.jpg


  -グエル公園: カタルーニャ広場から、24番バスで。到着は公園正面ではなく東側入り口になるが、海の方向に向かって下っていけば正面入り口に辿り着く。地下鉄を利用する方法もあるが、公園に辿り着くまでに結構な坂道を登らなくてはならない巡礼の旅が待ち受けているので覚悟が必要。

 正面入り口の壁に陶器の欠片で記された「Park Guell」の文字。
 DSCF3925.jpg 

 こちらが正面。有名なタイル細工のトカゲ、もしくはサンショウウオ、しかし有力見解は何故かドラゴン。
 DSCF3923.jpg DSCF3921.jpg

 帰りはレセップス駅から地下鉄を利用。巨大な自動販売機で、ジュースやお菓子が売られている。
 DSCF3931.jpg


  -AKASHI GALLERY : ホテルに帰る途中で偶然発見した和カフェ。日本人とカタラン人の二人の写真家さんが営まれていて、お店の雰囲気がとても素敵。ひと目で気に入ってしまった。あー滞在中、もう一回行きたかったなぁ。

 二人用の畳席の他、大人数には火鉢を囲んだテーブル席も。
 DSCF3941.jpg DSCF3936.jpg

 中庭には大きな水鉢に入った可愛い金魚。
 DSCF3939.jpg

 頂いたのは、
  私:自家製ハニーレモンソーダ、海鮮丼、イチゴ練乳のカキ氷!! 
  P:Asahi Super Dry、鮭の親子丼、ゆずシャーベット。
 北海道や築地で食べられる海鮮丼を思えば、小ぶりで物足りないボリュームではあるけれど、デンからやって来た私には、雰囲気と味わいで十分満足。カキ氷なんて何年ぶりに食べただろう。真夏が来ないデンにいる限り、食べる機会のない夏の甘味…。
 DSCF3932.jpg DSCF3934.jpg

  -夕食は、これまたホテルの受付のおじさんにおススメしてもらったレストランCERVESERIA CATALANAでタパスを食べる。
  昨晩のレストランは、入店した20時には私達以外に客はおらず、21時を過ぎてからスペイン人達がちらほら入り始めたのだが、こちらは大通りに近いこともあって、早い時間帯から観光客等で大賑わいだった。

 隣の席のポルトガル人カップルのアドバイスを受けつつ、注文したのは、パンコントマテ(トーストにトマト、にんにく、オリーブが塗ってある。美味)、干し鱈のサラダ(美味しいけれどオリーブオイルたっぷり)、マッシュルームのガーリック炒め(普通)、アサリの漁師風(普通の酒蒸しだけど、美味)。

DSCF3942.jpg

 この日は昼食が遅めだったので、写真に写っている上記のメニューだけで十分お腹いっぱいだし美味しかったねーと言っていたのだが、最後に登場した一品でこの日の夕食の印象は曇り空に。
 
 それはHUEVOS CABREAOSという細めのフライドポテトにアリオリソース、半熟卵が掛けられたメニュー。テーブルでウェイターさんが全体を混ぜ合わせてくれるのだが、塩気が足りないばかりか、半熟卵でポテト全体がしなってしまっている。美味しいポイントが全く分からない一品で半分以上残してしまった。ポルトガル人おススメだったのになぁ。

  -噴水ショー: 木金土日の夜21時からカタルーニャ美術館前で行われている噴水ショーを鑑賞。美術館を超える程の高さまで水が噴き上げられるダイナミックさ。
   
  [広告] VPS


  *6月16日(日)

  -ダリ劇場美術館: サンツ駅から7時46分発の急行電車に揺られて2時間弱、Figueresの街へ。
   
 劇場美術館では、フランスパンを頭に乗っけた像、ジュエリー美術館では壁一面のクロワッサンと卵に出迎えられる。 
 DSCF3967.jpg DSCF4041.jpg

 変てこな作品が多い中、この絵はダリとガラの仲睦まじい様子が描かれていて微笑ましい。
 DSCF4038.jpg 


 ちなみにこの日は日曜日。カフェ、レストラン以外は、ほとんどのお店が閉まっている。

  -夕食は、ホテル近くの和食レストラン小雪にて、イカ刺し納豆、焼き鳥、天ぷらうどん、寿司、わさびアイスを頂いた。ちなみにこのわさびアイス、わさびの粒々が入っていて、甘いけれどしっかりわさび味だった。

  日本人のオーナーさんは、50数年前の大学生時代に北欧を旅したことがあるらしく、昔話を楽しく聞かせてもらった。横浜港から船で出発、行き先はTIVOLIに行ってみたくて選んだとのこと。当時は自分のような旅行者は少なく、同じ船に乗り合わせた若者の多くは片道切符で北欧を目指していたらしい。ヒッチハイクをしながら、デンマーク→スウェーデン→フィンランドのラップランドまで北上しトナカイを見た後、シベリア鉄道で帰国したそうである。北欧は豊かでいいところだけど、自分には穏やか過ぎて合わなかったなぁと仰っていた。



以上が、ざっくりまとめた4泊5日のバルセロナ旅行。

入場料が高くてCASA MILAもCASA BATLLOも外観を眺めただけだったし、旧市街は歩かなかったし、モンセラートまでは足を伸ばせなかったけれど、限られた日数と体力でそれなりに充実した旅行だったと思う。

TMBの回数券が半分以上残っているし、またいつの日か旅行できるといいなぁ。

上の写真は、ホテル近くのスーパーマーケットにて。自転車で来店した女の子。店先で駐輪することなく、迷わずそのまますいすい入店。何て大らかな!
スポンサーサイト

 

 

Comment

 

おつかれさまー!
念願のスペインに行けてよかったねv-233
そして2年越しの新婚旅行というビザの罠・・
でも結婚したてよりも落ち着いた頃に行った方がお互い許容範囲が広がっててマイペースに楽しめて良いと思う(自らの悲惨なイタリア新婚旅行の経験上・・)
体調はどうですか?眠たい時はいっぱい寝るに限るよ!

NAME:双子の叔母 | 2013.07.08(月) 18:31 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

>双子の叔母さん。

念願のスペイン…スパ語が全く使えなくなってて悲しかったよ。

> そして2年越しの新婚旅行というビザの罠・・

そうか、それもあるね。
実際は、「1年に1度日本に帰国」が結構な長旅だから、それにプラスして他のところにきちんと旅行するというのが、時間的・金銭的・気持ち的になかなか奮い立たなかったという感じかなぁ。

あれ?イタリア新婚旅行って悲惨だったんだっけ?二人の間の問題というより、”ツアー”っていうのがきつかったんぢゃない?

体調は多分復調! 
昼寝すると夜の寝付きが悪くなっちゃうから、なるべく控えたいんだよねー。しかし昼食後のゴロンが習慣付いてしまってます…。

NAME:maimai。 | 2013.07.10(水) 15:19 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 それからこれから。, all rights reserved.

maik0612

Author:maik0612

未分類 (0)
デンマーク-衣 (0)
デンマーク-食 (5)
デンマーク-住 (32)
デンマーク-旅 (9)
デンマーク-学 (14)
デンマーク-祝・イベント (20)
デンマーク-妊娠・出産・育児 (6)
デンマーク-各種手続き (9)
デンマーク-その他 (11)
日本-旅・引越し・移動 (4)
日本-その他 (3)

このブログをリンクに追加するにほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
にほんブログ村

この人とブロともになる

Click for the latest Koebenhavn / Roskilde weather forecast.

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。