九州への南下叶わず、デンマークまで北上することに・・・。日々の諸々について記録する公開メモ帳。
http://maik0612.blog54.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
collage.jpg


今朝登校すべく家を出たら、道路が白かった。
とうとう本格的冬突入へのカウントダウン開始だ。

前回書いた通り、現在フルな学生生活を送っているので、平日は大体朝7時半にバスに乗って通学している。
10月下旬の秋休み明けから、朝の通学時には太陽ではなく月が空に残っていることが多くなった。
薄暗くて静かで寒ーいこの朝の感じ、理由なく心細く寂しくなってしまうのが嫌い。

日本に居た頃、冬は、朝は薄暗い中出勤し、お昼は忙しくて室内でお弁当、夜は陽がとっぷり暮れて真っ暗な中帰宅、と太陽の光を浴びない生活に馴染んでいたこともあり、幸いデン冬生活を劇的変化と捉えて憂鬱になることはなかった。
まぁ重い冬鬱を患うことこそないが、所謂プチ鬱状態で緩くやる気なく日々過ごしている感じである。

 

more

学生生活も3ヶ月以上が経ち、学校の雰囲気には随分慣れた。
言葉の壁はそこはかとなく高いが、授業の内容自体はさほどチェレンジングなものではないので、何とかこなすことができていると思う。

語学学校のクラスメートの勧めをきっかけに、新たに通い始めた学校。
その主な理由は、以下の2点だ。

・海外に高飛びするのは好きだが、一人遊びも苦にならないタイプなので、昼間が引きこもり時間になる可能性が大。それを回避するための策。

・新たに何かを始めるには身軽な今のうちに。新しいことを始めるのって、体力的にも精神的にもなかなかハードルが高いものである。来年以降はきっと躊躇してしまう。従って、今半分足を突っ込んでおけば再開のハードルはそれ程高くあるまいという考えから。


現在のクラスには、約30名が在籍している。
その内、デン語を母国語としない外国人は私一人だ。
ただデン人は、年齢や人種等を(少なくとも表面的関係においては)気にしない(気を使わない)ので、ひたすら孤独、という状況にはないが、言葉の壁というよりも、ジェネレーションギャップでコミュニケーションが難しいことは多々ある。
クラスメートの大半は、10代20代前半の若者なのだ。

それからカルチャーショック。
以下に、これまでにびっくりしたり首をかしげたくなった光景等を雑記しよう。
あくまで私のクラス観察における一部の突出した出来事だったりもするので、全てのデン教育の現場がこんな感じだとかデン若者はこうだとか、一般化できるものではないことを始めに添えておく。

 教師と生徒は対等ですから。

 ・自分の主張が間違っていようがなかろうが、教師と堂々と言い渡る。
  自分がこうしたい!ということについては、教師の注意をすんなり聞き入れることはまずない。
  一方、教師も説こう試みはするが、あっさり引き下がることが多く、無理強いすることはしない。
  例えば、イヤーフォンをして授業を受けている生徒に、説明が聞こえないだろうから外すよう教師が注意したところ、「聞こえてるから大丈夫です」の一言で終了。
  私が、"授業に臨む正しい態度"ってどんなんだったっけ…と遠い目をしながら思う機会は多い。
 
 ・教師がある生徒の言葉遣いを注意したことがあった。日本であれば、先生は生徒よりも年上であるということ、また"先生"であるという理由だけで敬語を使うものという認識がある。
  多分「それが先生に対する口の利き方か!」という一喝が下るだけだろう。
  しかし、デンの場合は、生徒は教師のこともファーストネームで呼び、お互いにフラットな関係。従って、言葉遣いを注意する場面でも、「私はあなたに対して丁寧な話し方をしている。だから、あなたもそういう風に私に返すべきではないかしら。」となる。

                  
 耐え忍びません。

 ・堪え性が無いというか根気が無いというか、自由というか。授業時間が残っていても、「今日はもうこれ以上やりたくない」と一言放って作業を放棄、もしくは教室からさようなら。

 ・個々で課題を解く時間には、質問があったり教師の助けを必要とする場合、人差し指をあげて教師が順に回ってくるのを待つのだが、途中で待ちきれなくなった生徒が「ずっと待ってるんだけど、待っても待ってもオレのところに来てくれない!」とキレて、帰宅…。子供?


 授業も休憩もフレックス。

 ・購買に行っててとか、タバコを吸っててとかで、授業開始に遅れる生徒がいるのは当たり前の光景。
  教師が「出席を取る時に教室にいなければ、欠席扱いになるわよ!」と注意すると、「購買、時々長い列ができててスゴイ待つことあるんですけどー」と言い訳。
  タバコのパターンだと、「校舎から離れたところまで行かないといけないから、休憩時間足りないんだよね」となる(法律上、校舎周辺での喫煙は禁じられている…が実際守っている生徒は少ないと思う)。 
  「すみません」からの事情説明ではなく、あくまで理由の正当性を主張。
  日本みたいに始業と終業時間にチャイムを鳴らしたら、もう少し事態は改善されるのかしら、いやされないかも。


まぁ格言う私も、これまでに必死に掻き集めたやる気の欠乏ランプが点滅中なので、最近はダルダルで授業を受けている。
今も課題の合間に気分転換と称して、これを書いている始末。
あー早くクリスマス休み来ないかなぁ。


上の写真は、Roskildeにあるファーストフード店Sunset2階に貼られている壁紙。若者達が爽やかな笑顔で砂浜を駆けている。女性のタンクトップをクローズアップして見てみると、そこには「憎悪」の2文字…。
スポンサーサイト

 

 

Comment

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2013.11.29(金) 03:33 | | [Edit]

 

Re: こんにちわ

コメントありがとうございます~。
もしかして以前は別のHNでコメント頂いてましたか?

私は今Handelsskoleに通っています。
共感いただいて嬉しいです。
日本で教育を受けてきた者としては、戸惑うこと多し、ですよね。
でも、郷に入れば郷に従え、抜けるところはデン人に倣って抜きつつ、一方では日本人らしく地味に頑張りつつで行きたいなと思っています。
大変なことも多いですが、頑張りましょうねー。

NAME:maimai。 | 2013.11.29(金) 17:21 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 それからこれから。, all rights reserved.

maik0612

Author:maik0612

未分類 (0)
デンマーク-衣 (0)
デンマーク-食 (5)
デンマーク-住 (32)
デンマーク-旅 (9)
デンマーク-学 (14)
デンマーク-祝・イベント (20)
デンマーク-妊娠・出産・育児 (6)
デンマーク-各種手続き (9)
デンマーク-その他 (11)
日本-旅・引越し・移動 (4)
日本-その他 (3)

このブログをリンクに追加するにほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
にほんブログ村

この人とブロともになる

Click for the latest Koebenhavn / Roskilde weather forecast.

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。