九州への南下叶わず、デンマークまで北上することに・・・。日々の諸々について記録する公開メモ帳。
http://maik0612.blog54.fc2.com/
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
546001_1684523889_5large[1]


先週から夏休みに突入。
ジリジリぎらぎらな日本的夏を思い浮かべれば、それからは程遠い爽やかな夏である。
あれこれうっすらとした予定はあるが、今のところきっちり決まった予定は特に無く、完全フリー(暇)だ。

しかし、実は、夏休みの間、お試し労働するつもりでいた。
以前の記事『ヤンテ法を侵すお誘い。』で書いたが、5月下旬にジョブ・コンサルタントと面談したのだ。
 

more

3者面談の内容はこんな感じ。

私個人の情報は、既にインテグレーション支援担当のおじちゃんが持っているのだが、「出身は?」「デンに来てどれくらい?」「日本では何をしていた?」等、また一から質問に答えていく。
手ぶらでやって来たおじちゃんは傍らでのほほんとしており、ジョブコンサルタントは、私の回答をノートパッドに殴り書きしている(後で判読できるのか、それ)。

「希望の職種は何?」との質問には、「事務職」と答えた。

にも関わらず、続いてジョブコンサルタントの口から出てきた提案は、

「某スーパーマーケットにコネクションがあるんだけど、そこでインターンシップしてみようか」。

それは、事務職ではなく接客業なのではないのか。

疑問を感じつつも、具体的な希望があるわけでも無く、そこでずっと働くわけでも無いし、と深くは考えず頷いておいた。
のが、間違いだった。


ジョブセンターによる就職支援システムの内容。
まず紹介された場所で約50日間、インターンシップをこなす。その間給料は一切出ない無料奉仕。
私が紹介されたのは、某スーパーマーケットの衣料品売り場で平日9時から13時までの一日4時間というインターンシップであった。
インターンシップ終了後、そこでの仕事を継続するか新たな職場を探すかは要相談だが、給料は一定額支給されるようになる(コムーネがその半分を出す)。

この内容に、私の周囲の人々が怒り心頭。
Pは、「あり得ない。授業でインターンシップをする高校生だって、きちんと労働すれば少ないながらも賃金をもらうものだ」と言い、
友人旦那さんは、「妻がレストランで働き始めた時、仕事を覚えるための2日間が無給だったのでさえ、不当に思った。2ヶ月近く無給だなんて…『Nej,Tak』って言っちゃいなよ」と言い、
Pママは、「デンマークで無賃金で働くなんて聞いたこと無い。それは奴隷労働よ!」と言う。
ここまで反発を食らうとは、予想外。

そこで、ジョブコンサルタントに今回の紹介を辞退するとどうなるか聞いたところ、

「新たに別の場所を探すことは出来ないね、今回の紹介に費やしたリソースが無駄になるのだから」との返答。

それはそうだと思うけど、次回の可能性をバッサリ断ち切るほどの労力を割いたとは思い難い。
某スーパーマーケットを提案したのも、これまで何人ものインターンシップを送り込んでおり、調整する必要があまりないからのようであったし、そもそも私の希望を聞くまでもなく、それは決まっていたようでもある。

「今回インターンをこなせば、賃金支給できるどこかをうまくいけば君に紹介できるだろう」と言う。

うまくいけば…。

続けて「老人ホームとか保育園で実習してもよいし」。

事務職への道はかなり遠のいているような気がするんですけど。


「あれこれ書くのだってもったいない!『あんた達が紹介する無給の仕事になんて興味ないんだよーだっ!』って一文書いて送ればいい」と言うPの提案は却下して、色々書いて丁寧にお断りした。


他人に頼り過ぎてはいけない、特にコムーネ。今回は、楽しようときちんと主体性を示さなかった私の落ち度だ。
やはり地道に自分で就活しないといけないようだ。

今年の夏が学生生活最後の長い夏休みになるといいなぁ。


上の写真は、お見苦しくて恐縮ですが、ドクターフィッシュを体験した時のもの。隣の人の水槽を覗いてみると小魚達はあまり足に群がっていない。それに比べて、私の小魚達はよく働いてくれた!って、終始忙しなく働かざるを得ない程、古い角質が多すぎたということなんだけど…。
スポンサーサイト

 

 

Comment

 

No title

50日無休は確かにひどいね。
でも、土地勘がないところだと「そんなものかな」と思ってしまうのも分かるかも。。
ましてや公的機関?の紹介だし、よもやブラックだとは思わないよね。
周囲の人たちの助言が心強い^^
良い就職先が見つかりますように!

NAME:双子の叔母 | 2012.06.26(火) 10:44 | URL | [Edit]

 

Re: No title

そう、そんなものかなって思ったし、もともと自己評価が低いから、どうしても強く言えないんだよね。
Pママからは、「夏休みには、一緒にコペン行ったりサマーハウス行ったりしようって約束したぢゃない~」と、泣き脅し?され、「次回面談する時は、私が付いて行ってあげる!」とまで言われてしまった。
自立への道のりは険しい…。

NAME:maimai。 | 2012.06.27(水) 17:39 | URL | [Edit]

 

No title

ママ同伴で面接!
日本だとマザコン・モンペ扱い確実だけど、Pママを想像すると微笑ましい^^
ただでさえ不利な状況なんだし、これも一つの手だよね。
maimaiそっちのけで担当者とバトルするPママが目に浮かぶようだわ~(笑)

NAME:双子の叔母 | 2012.06.29(金) 09:58 | URL | [Edit]

 

No title

かつてうちも、私が手っ取り早く職に就ければいいかと安易な方法を選んだせいで同じことがありました。「無給で4週間」と言う内容に夫が激怒してコムーネに電話しました。デン人である夫の立場からすると例え「実習でも4週間も無給はありえない!4週間も無給の労働力が得られるなら雇う気がなくても企業側は実習をOKする。ただで使える労働力ほど美味しいものはないし、それに企業に無給の労働を提供するということは君でなくても他の誰かの就職機会を奪うことにもつながり、経済自体にも悪影響だから承服できない」と。「実習すれば雇用してもらえるかもしれない」と言うのはあくまでも「かもしれない」であって当てにはならないし、結局自分で求職活動するのが一番有効でした。じきに仕事が見つかるといいですね。

NAME:HM | 2012.06.30(土) 06:38 | URL | [Edit]

 

Re: No title

>双子の叔母さん。
と言うかね、当分面談ないと思う。
こちら側が動かぬ限り、向こうは何か積極的に支援してくれるって感じぢゃないからね(面談したところで、ほぼ益無し、時間の無駄だし)。

Pパパママ、相変わらず元気ですー。

NAME:maimai。 | 2012.06.30(土) 23:01 | URL | [Edit]

 

Re: No title

>HMさん。
コメントありがとうございます。

ほぼ同じことをうちの夫も言っていました。
話は少しそれますが、デン人って”個人主義”と言われつつも、一個人であっても社会とか経済とか全体のことをよく考えている気がします。
私なんかは、とりあえずまずは自分のことを優先して考えますが、例えば夫は、競争を促すためにとCarlsbergではなく小規模会社のビールを買うようにしたり(単に好みにもっともらしい理由を付けてるだけかもしれませんが)。

求職活動に関しては、具体的な行動はまだあまり取っていませんが、言葉の壁を自分の中で大きく構えてしまっていて、どう手をつけたらいいんだろうと悩んでいるところです。
何にせよ、働きたいので頑張るしかないですが。。。

NAME:maimai。 | 2012.06.30(土) 23:20 | URL | [Edit]

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NAME: | 2012.07.01(日) 03:33 | | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 それからこれから。, all rights reserved.

maik0612

Author:maik0612

未分類 (0)
デンマーク-衣 (0)
デンマーク-食 (5)
デンマーク-住 (32)
デンマーク-旅 (9)
デンマーク-学 (14)
デンマーク-祝・イベント (20)
デンマーク-妊娠・出産・育児 (6)
デンマーク-各種手続き (9)
デンマーク-その他 (11)
日本-旅・引越し・移動 (4)
日本-その他 (3)

このブログをリンクに追加するにほんブログ村 海外生活ブログ デンマーク情報へ
にほんブログ村

この人とブロともになる

Click for the latest Koebenhavn / Roskilde weather forecast.

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。